全28公演、さらに、配信も全公演終了いたしました。

​応援いただきましてありがとうございました!

引き続きグッズ販売を行っております。

​こちらからご覧ください。

そしてver.3の公演が決定いたしました!

​詳細はこちらから!

 

​※配信はすべて終了いたしました。

『5years after』+ 『3actors talk』配信決定!!
視聴料:3,000円(税込)

発売日:11月17日(火)20時~

[★前半配信期間]2020年11月21日(土)10:00~11月27日(金)21:00

(1)A:納谷健/B:杉江大志/C:池岡亮介

(2)A:池岡亮介/B:納谷健/C:杉江大志


[◇後半配信期間]2020年11月28日(土)10:00~12月4日(金)23:59

(1)A:長江崚行/B:納谷健/C:杉江大志

(2)A:杉江大志/B:長江崚行/C:納谷健

<チケット取り扱い>
Confetti(カンフェティ)
https://www.confetti-web.com/5years_after
※WEB予約のみでの受付となります。

<チケットについてのお問合せ先>
 カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)
 お問合せフォーム:https://www.confetti-web.com/support/qa_reg_1.php

<購入・視聴方法>
以下のURLをご覧ください。
https://www.confetti-web.com/guide/streaming/

​Twitter

​作品概要

3名の役者による朗読劇『5years after』本編60分 + 3名の役者によるアフタートーク『3actors talk』30分の計90分!

■本編『5 years after』(ファイブ・イヤーズ・アフター)
三章に分かれていて、第一章では20歳、第二章では25歳、第三章では30歳の水川啓人(みずかわけいと)が登場します。
3名の男優がA役、B役、C役を演じ、A役は20歳の、B役は25歳の、C役は30歳の水川啓人を演じます。水川啓人を演じない時の2名の男優は老若男女さまざまな役柄20役を演じ分けます。つまり、全部で60役!それぞれの章で水川啓人が浮かび上がり抱腹絶倒の中で涙を誘います。

ABCの3役は公演ごとで演じる役が変わってきますので、各キャストが同じ役を演じる違いもお楽しみください!

■アフタートーク『3actors talk』(スリー・アクターズ・トーク)
本編が毎回役替わりで演じるため、その日に演じた役柄の印象や役作りの裏話、そしてこれまで役者としてどうスタートを切り、どう生きてきたか、本編のテーマであるこれからの『夢』とは?
お客様の質問もいただきそれにもお答えしつつ、3名の役者がそれぞれの本音や思いを語ります。

 

 
 

NEWS

​・《NEW》アフタートーク質問募集!詳細はこちらからご確認ください。

・「5!GO!グッズ」発売決定!詳細はこちらからご確認ください。

・作・演出、プロデューサーのあいさつ文が更新されました。こちらからご確認ください。

​・カンフェティのインタビューが公開になりました!こちらからご覧ください。

​・キャスト写真、プロフィールを更新しました!​​こちらからご覧ください。

​・インタビュー動画をアップしました!動画はこちらからご覧ください。

​・カンフェティ11月号に掲載されました!

・公式HP、公式Twitterがオープンしました!

​作・演出 堤泰之

 「5years after」は、リーディングのために書いた作品です。通常の舞台用の脚本を読み合わせてみようということではなく、リーデングならではの面白さを追い求めて試行錯誤した結果、なかなか一筋縄ではいかないリーディングドラマが出来上がりました。

 

 出演者は三人。三部構成で、それぞれが主人公・水川啓人を演じます。どういうことかというと、第一部では20歳の啓人を役者Aが、第二部では25歳の啓人を役者Bが、第三部では30歳の啓人を役者Cが演じます。昨日の自分と今日の自分は違う、そして明日の自分も違うんだというメッセージが込められているような、いないような・・1人の人間を3人の役者が演じる。これはもう一筋縄ではいかない、二筋縄、いや三筋縄の作品なのです。

 

 リーディングの面白さの一つに、1人の役者が複数の役を演じやすいことがあると思います。通常の舞台の場合、着替えたりメイクを変えたりしなければならないのですが、リーデングだと声色を変えるだけで成立します。

「5years after」では、主人公を演じていない役者は別の役を演じます。

その数はざっと60役。つまり1人の役者が20役を演じ分けなければなりません。しかもステージ毎に役が変わるので、公演を通して役者は1人で60役を演じることになります。これはもう大変です。三筋縄どころじゃありません。六十筋縄です。

 

 リーディングが面白くなるかどうかは、役者がその難しさをどれだけ理解しているかにかかっています。セリフを覚えなくていいとか、動きも無いから楽だとか、そういう甘い考えで臨むと痛い目に会います。動かずに読んでいるだけだからこそ、難しいのです。お客様を物語の世界に引き込み、想像力を高めて貰うためには、高い技術と集中力が役者に求められます。少なくとも百筋縄くらいの強度が必要です。

 

 ということで、なんと百六三筋縄のリーディングドラマが出来上がりました。最後までごゆっくりお楽しみ下さい。

​プロデューサー 難波利幸

当初、弊社エヌオーフォー【NO.4】の7周年記念作品として、「赤坂RED/THEATER初!1ヶ月ロングラン40回公演!」をこの11月に上演する予定でした。得体のしれない化け物が登場したおかげで2年半前から仕掛けていたその企画は延期となりました。コロナロー!という思いの中で悪戦苦闘。赤坂RED/THEATERを空けてしまうという申しわけない気持ちもあり、何とかできないかと試行錯誤でした。そんな時ふと頭を横切ったのが、かつて堤さんとアメスタの朗読劇企画としてゼロから作り上げたReading Drama『5 years after』でした。いつか劇場で上演したいとずっと思っていました。今回上演できることになったのは、ある意味「今こそこれを上演しなさい」ということなのかもしれません。

 

今回の作品は水川啓人の20歳、25歳、30歳を描きます。社会デビューから起きる人生のあれこれ。啓人の20歳からの5years afterはひょんなことで人生が展開していきます。我々演劇界の中で20代を過ごす若者にも様々な人生があります。うまくいっていると思っている者、うまくいっていないと思っている者、他人からはうまくいっていないと思われながら自分ではうまくいっていると思っている者、他人からはうまくいっていると思われながら自分ではうまくいっていないと思っている者。誰と出会うか、何に影響されて何が起きるのか。その時その時に向き合うしかありません。自分もそうですが、本当にその時の判断は正しかったのかというのはきっとあとから20代を振り返って思うことなのでしょう。なので、悩んでいても仕方がないのでその時の自分のセンスを信じて立ち向かうしかありません。

 

今回は『5 years after』(60分)+『3actors talk』(30分)ということで、毎公演アフタートークがあります。この90分で一つの作品です。水川啓人を演じたキャストがその生きざまを通して感じたこと、60役の人生を垣間見て思ったっこと、そして自分の人生をどう思っているのか。水川啓人⇔各キャスト。そこが毎回の見どころでもあります。今回は納谷健さん、杉江大志さん、池岡亮介さん、長江崚行さんという役者臭ぷんぷんの方々に参加していただきました。稽古からすさまじい応酬が繰り広げられています。今流行りの化学反応とかではなく、生意気でやんちゃで自分というものをしっかり持っているこの役者たちが、自分の魅力を好き勝手に表現して、各役者自身の生きざまを通して水川啓人を感じていただければと思います。

 

このコロナ禍のさ中、この90分の作品をご覧になっていただいた皆様の心の中に何か少しでもエネルギーが宿れば幸いです。

 

​キャスト

mini-0930_edited.jpg

納谷 健

(11/1-15)

mini-0155_edited.jpg

​杉江大志

(11/1-15)

mini-0204_edited.jpg

​池岡亮介

(11/1-8)

mini-9585_edited.jpg

​長江崚行

(11/10-15)

 

​公演日程

星取.png

A

第一章

1.20歳の水川啓人

第二章

2.オタクっぽい男

3.夢見るバーテンダー

4.IT社長

5.クールな社員

6.舌っ足らずな社員

7.アプリの声

8.武田(大学の友達)

9.みう

10.正隆(父)

11.謎の爺さん

第三章

12. 新社長ワン
13. 熱血社員
14. 姉御社員
15.真希
16.面接官1
17.やる気の無い駅員
18. 武田(大学の友達)
19.セバスチャン
20.下品なヤクザ
21.良枝(母)
22.猫
23.20歳の啓人

 

第一章

1.須藤(大学の友達)

2.良枝(母)

3.おでん屋

4.警官

5.暗黒の不思議ちゃん

6.レコード会社ディレクター

7.アメリカの舞台俳優のような男

8.猫

9.25歳の啓人

第二章

10.25歳の水川啓人

第三章

11.元社長山下
12. クールな社員
13. 舌っ足らずな社員
14.みう
15.面接官2
16.ヒステリックな女
17. 須藤(大学の友達)
18.母恵夢
19.上品なヤクザ
20.正隆(父)
21.謎の爺さん
22.25歳の啓人

第一章

1.武田(大学の友達)

2.正隆(父)

3.串カツ屋

4.顔の歪んだ男

5.ガングロギャル

6.ルイス松崎

7.百合子

8.謎の爺さん

 

第二章

9.高飛車な女

10.渋いバーのマスター

11.熱血社員

12.姉御社員

13.ルイス松崎

14.アプリの声

15.須藤(大学の友達)

16.真希

17.良枝(母)

18.猫

19.30歳の啓人

 

第三章

20.30歳の水川啓人

★ A:納谷 B:杉江 C:池岡

♦ A:池岡 B:納谷 C:杉江

♥ A:杉江 B:池岡 C:納谷

● A:納谷 B:池岡 C:杉江

▲ A:杉江 B:納谷 C:池岡

    A:池岡 B:杉江 C:納谷

★★ A:納谷 B:杉江 C:長江

♦♦ A:長江 B:納谷 C:杉江

♥♥ A:杉江 B:長江 C:納谷

●● A:納谷 B:長江 C:杉江

▲▲ A:杉江 B:納谷 C:長江

       A:長江 B:杉江 C:納谷

​キャスト配役表

スクリーンショット (2).png
スクリーンショット (2).png
 

​TICKET

劇場

赤坂RED/THEATER
〒107-0052
東京都港区赤坂3-10-9
赤坂グランベルホテルB2F

一般前売り

10月17日(土)12時~

 

​全席指定 

5,500円(税込)

未就学児入場不可

webで購入

http://www.confetti-web.com/5years_after

電話で購入

0120-240-540
(平日10:00~18:00)

※オペレーター対応

グッズ

10月30日(金)14時~販売開始!

購入はこちらから!

※グッズは先着順ではございません。

 

★パンフレット 2,000円
スタッフあいさつ文やキャスト紹介、キャストアンケートなどが詰まった公演パンフレットです。全28ページ。

★5YA+3AT TRIBUTE MAGAZINE 2,000円
キャストの写真が盛りだくさんなフォトブックです。全44ページ。

★L版ブロマイド:1,000円(4枚1セット)

※※ここまでは劇場でも購入が可能です。

 

​上記のラインナップに加え・・

「5!GO!グッズ」発売決定!

『5 years after』の「5」にちなんで、5点セット(5,500円)のグッズとなっております。

 

1. キャスト4名の写真を組み合わせた2L写真

2.【NO.4】のロゴが入ったTシャツ※色サイズは選べません。

3.『5 years after』の短縮ロゴ「5YA」の入った缶バッチ

4.【NO.4】のロゴ入りの黒マスク

5.キャスト4名からの直筆メッセージカード

 

まだまだ客席100パーセント販売が出来ない状況で今回の『5 years after』は客席50%で上演いたします。

一席5,500円で販売しているチケット。

空いている一席を5,500円でグッズセットとして販売しようという思いもございます。

みなさま、ぜひ、応援グッズとして、Tシャツ、缶バッチ、キャスト写真、やわらかマスク、キャストメッセージをお楽しみいただければ幸いです。

 

そして、こちらのグッズセットを購入された方のお名前を劇場ロビーに掲示させていただきたいと思っております!

本名ではなくペンネームでも可能です。

掲示をご希望のお客様は info@no-4.biz まで、本文に注文番号と掲示する際のお名前を明記の上、メールをお送りください。

メールをいただいた次の日には掲示をさせていただきます。

 

※※こちらのグッズに関しましてはWEB販売のみとなりますのでご了承ください。

 

​スタッフ

作・演出      堤 泰之

音楽        細川圭一

照明        阿部典夫

音響        早川 毅

照明操作                 鈴木健太郎

音響操作                 斎藤正樹

ヘアメイク指導        松前詠美子

                             木戸 望

制作助手                 木村菜摘

宣伝美術               菊田参号

                             田中しおり

WEB協力                多森佑樹

宣伝カメラマン        園田昭彦

宣伝ヘアメイク        吉森香織

宣伝協力                 吉田祥二

     

照明                       Aプロジェクト

音響                       ステージオフィス

宣伝美術                 バグスタジオ

宣伝協力                 カンフェティ

 

協力(五十音順)     イーストパーク

                             エイベックス・マネジメント

                             えりオフィス

                             プラチナ・ペーパーズ

                             ワタナベエンターテインメント

 

劇場                       赤坂RED/THEATER

制作                       木村彩菜

プロデューサー        難波利幸

企画・製作             エヌオーフォー【NO.4】

 
 

お問い合わせ 

200922_5yearsafter_confetti_A4_ol_page-0